源氏 物語 桐 壺 和訳。 桐壷(桐壺の葬送)「源氏物語

紫式部 與謝野晶子訳 源氏物語 桐壺

😅 帝は一の皇子を御覧になっても更衣の忘れがたみの皇子の恋しさばかりをお覚えになって、親しい女官や、御自身のお 乳母 ( めのと )などをその家へおつかわしになって若宮の様子を報告させておいでになった。

ぬべし 完了の助動詞「ぬ」+推量の助動詞「べし」 強意の推量の形 「きっと~になるだろう」 「~なるに違いない」. それには殿上役人のお給仕がつくのであるが、それらの人は皆この状態を 歎 ( なげ )いていた。

源氏物語『桐壺』解説・品詞分解(1)

👉 源氏は柏木の御文からこの事実を知り、昔の藤壺との不義を思い・・・ 柏木は良心の呵責から病みつき、ご容態はどんどん悪くなります。

2
今まで始終お世話を申していた宮とお別れするのが悲しいということばかりを未亡人は言って死んだ。

『源氏物語』の現代語訳:桐壺2

🤑 お仕え申し上げる、お仕えする。 泣く泣くいろいろな頼もしい将来の約束をあそばされても更衣はお返辞もできないのである。

12
晩秋、薫が宇治を訪れ、月光の下娘達が琴を弾いている姿を垣間見ます。 若宮の、いと覺束なく露けきなかに過ぐし給ふも心苦しうおぼさるるを、疾く參り給へ』など、はかばかしうも宣はせやらず、むせ返らせ給ひつつ、かつは人も心弱く見奉るらむと、おぼしつつまぬにしもあらぬ御氣色の心苦しさに、承りも果てぬやうにてなむまかで侍りぬる」とて、御文 (おんふみ) たてまつる。

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

🤪 ありがたきかたちびとになむ」と奏しけるに、誠にやと御心とまりて、懇に聞えさせ給ひけり。 内裏(うち)より御使あり、三位の位贈り給ふよし、勅使来てその宣命読むなむ、悲しきことなりける。 おぼえいとやむごとなく、上衆(じょうず)めかしけれど、わりなくまつはさせ給ふあまりに、 さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、先づ参う(まう)上らせ給ひ、ある時には大殿籠もり過ぐして、やがて侍らはせ給ひなど、あながちに御前(おまえ)去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この御子生まれ給ひて後は、いと心ことに思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この御子の居給ふべきなめり」と、一の皇子の女御は思し疑へり。

4
橘の花の香る中、女御としみじみ懐かしい昔話などをして心慰めます。 こんな事に対しても、後宮のある人々は反感・恨みを持つことになった。

『源氏物語』の現代語訳:桐壺1

💕 「国の親になって最上の位を得る人相であって、さてそれでよいかと拝見すると、そうなることはこの人の幸福な道でない。

4
「限りあらむ道にも、おくれ先立たじと契らせ給ひけるを、さりとも、打捨ててはえ行きやらじ」と宣はするを、女もいといみじと見奉りて、 「限りとて別るる道の悲しきにいかまほしきは命なりけり いと斯く思う給へましかば」と、息も絶えつつ、聞えまほしげなる事はありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、斯くながら、ともかくもならむを御覧じ果てむと思召すに、「今日始むべき祈りども、さるべき人々承れる、今宵より」と聞え急がせば、わりなくおもほしながら、まかでさせ給ひつ。

源氏物語 桐壺 原文と現代語訳

🤚 唐土 もろこし でも、こうしたことがもとになって、世の中も乱れ、不都合な• 『むなしき御骸(おんから)を見る見る、なほおはするものと思ふがいとかひなければ、灰になり給はむを見奉りて、今は亡き人と、ひたぶるに思ひなりなむ』と、さかしう宣ひつれど、車よりも落ちぬべうまろび給へば、『さは思ひつかし』と、人々、もてわづらひ聞ゆ。

6
夕闇が過ぎて、宮がお渡りになりました。

桐壷(桐壺の葬送)「源氏物語

👍 ポケプロ仏和 0• 聞こし召す御心まどひ、何ごとも思し召しわかれず、籠もりおはします。

10
内親王腹のは今 蔵人 ( くろうど )少将であって年少の美しい貴公子であるのを左右大臣の仲はよくないのであるが、その蔵人少将をよその者に見ていることができず、大事にしている四女の婿にした。

桐壷(桐壺の葬送)「源氏物語

☭ 輦車(てぐるま)の宣旨など宣はせても、 また入らせ給ひて、さらにえ許させ給はず。 まだ評価されていません。

能・狂言事典 0• このごろ明暮 (あけくれ) 御覽ずる長恨歌の、御繪亭子 (ていじ) の院のかかせ給ひて、伊勢、貫之によませ給へる。